ピルで周期を28日ぴったりに、生理日をずらすことも

ピルとは、低用量避妊薬のことです。すぐに妊娠を望まない方は、ピルを服用することで排卵を抑制し、避妊することができます。ピルを服用すると、避妊だけでなく、ひどい生理痛が緩和されたり、不規則な生理サイクルが正しくなり、毎月決まった時期に生理を起こすことができます。旅行などイベントの予定が立てやすくなるといったメリットがあります。通常、ピルは21錠で1枚のシート状になっており、1日に1錠ずつ21日間毎日服用します。その後7日間休んで、また新しいシートを飲み始めます。この7日間の休薬期間中に生理が起こります。こうして、28日周期で安定して生理を引き起こすことが可能です。飲み忘れを防止するために、最後の7錠は薬の成分を含まない錠剤が入った28錠入りのシートも発売されています。また、ピルを用いると、旅行や大事なイベント時に重ならないよう、生理日をずらすことも可能です。例えば、生理日を1週間早めたい場合には、通常は3週間ピルを服用するところを2週間で止めて休薬期間に入ります。好きな日数でずらすこともできますが、飲み忘れを防ぐためにも1週間丸々ずらして、飲み始めの曜日をそろえた方が良いでしょう。反対に、生理日を遅らせる場合には、3週間服用した後に新しいシートを続けて服用し、生理を起こしたい日を決めて休薬期間に入ります。普段からピルを服用していない方も、イベント時を見計らってピルを服用し、生理日をずらすことができます。例えば、前月の生理開始から5日目に服用を開始し、2週間で休薬期間に入れば、次の生理を1週間早めることができます。いずれにしても、生理日をずらしたい場合には、早めに医療機関で相談しましょう。